東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌で開催する初心者向けのHTML・CSSを使ったホームページ制作の1日集中講座(セミナー)です。 HTML・CSSの入門講座なら、神田ITスクール!

8.1 WEBページにおける段組み

WEBページにおける段組み

8.1 WEBページにおける段組み

本章では、WEBページを作成するうえでのレイアウトについて詳しく学習していきたいと思います。WEBページのレイアウトには、「段組み構造」が欠かせません。

1.1.1 段組みとは

段組みとは、テキストや画像を複数の段に分けてレイアウトすることです。1段組みでレイアウトすると1行の文字数が多くなって読みづらくなる場合があります。しかし、2段組みや3段組みに分けてレイアウトすることで読みやすくすることができます。段組みによるレイアウトは、以前から新聞や雑誌などさまざまな媒体で利用されています。

1.1.2 WEBページにおける段組み

WEBページでは通常、標準でブラウザの横幅いっぱいにテキストが表示されます。そのため、ブラウザ画面の横幅が大きいと1行の文字数も多くなり、読みづらくなってしまいます。

一昔前のWEB制作に携わる人たちの中で、WEBページにおいても、新聞や雑誌などの印刷物と同じように段組みにして表示したいという動きが出ましたが、WEBページを構成するHTMLとCSSには段組みの機能は用意されていませんでした。そこで、複数の「ボックス」を横に並べて、その中にテキストや画像を入れることによって、段組みのように見えるようにするようになりました。

1.1.3 WEBページにおけるレイアウトの発展

段組みに見せるために用意したのがボックスだったことによって、ボックスの中にはテキストや画像だけでなく、メニューなどのパーツを入れるようになり、WEBページのレイアウトに多様性が生まれていくことになります。そして、近年のWEBページはボックスを敷き詰める形でさまざなレイアウトを実現しています。そのため、ページレイアウトは「ボックスを意図した形に敷き詰める」ことが基本となり、ボックスをどのようにコントロールして並べるかを考えることが必要となっています。

NEXT>> 8.2 1カラムのレイアウト

HTMLとCSSの入門 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

HTMLとCSSの入門 目次

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

セミナー講師

セミナー講師

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

ワードプレスセミナーも人気!

ワードプレスセミナーも人気!

より手軽にホームページ制作をしてみたい方にはワードプレスセミナーもおすすめです。
ワードプレスセミナーはこちら

1日集中HTML・CSSセミナーは、プログラミング教育で8年間の実績のある神田ITスクールが運営しています。
初心者、未経験者へわかりやすく教えるのには自信がありますので、ぜひご参加ください。
神田ITスクールのサイトはこちら

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守
PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.