東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌で開催する初心者向けのHTML・CSSを使ったホームページ制作の1日集中講座(セミナー)です。 HTML・CSSの入門講座なら、神田ITスクール!

5.5 CSSの基本書式

CSSの基本書式

5.5 CSSの基本書式

CSSを使えば見栄えのよいWEBページを作成することができますが、そのためにはCSSの記述のルールを知る必要があります。ここではCSSの基本的な記述方法や用語について解説します。

1.5.1 書式の基本と名称

CSSの書式にはルールがあり、「どこに」、「どんなスタイル」を「どれだけ」適用するかという順序でスタイルを記述します。

CSSでは、スタイルを適用する場所を示すセレクタ(どこに)と、スタイルの内容を示すブロックで構成されます。ブロックとは{(左中括弧)から}(右中括弧)までのことで、その中はスタイルの種類を示す プロパティ(どんなスタイル)と、その量や種類を示す(どれだけ)で構成されています。下の図は基本的なCSSの書式例です。ここでは<p>タグをセレクタとして使用しています。

宣言を記述するとき、プロパティと値は: (コロン)で区切り、プロパティ、コロン、値の前後には宣言が見えやすいように半角スペースや水平タブが挿入できます。また、宣言の内容が見やすいように、「 {」と「}」は行を変えて記述し、宣言の前には半角スペースや水平タブを利用してインデントを挿入します。

1つのセレクタに複数の宣言を適用するには、上の例のように、値の後に; ( セミコロン)を記述してから改行し、次の宣言を記述します。

1.5.2 コメント文

HTMLと同様に、CSSにもコメントを書くことができます。コメントは「/*」で始まり、「*/」で終わります。1行でも複数行にまたがっても構いません。HTMLのコメントと同じく、コメントに記述した内容はスタイルには影響を与えません。

コメント文の書式例

/* 1行コメント */

/*
コメントは複数行にまたがってもかまわない
後から読んでわかるように記述しよう
*/
        

コメントにはスタイルを適用した場所やスタイルの内容などを記述しておけば、他の人がスタイルシートを編集する際にも役立ちます。

コメントの記述例

/* 
すべてのページに適用 */
h2 {
font-size: 185%; /* 文字サイズは24px 相当*/
border-left: 2px solid #668800; /* ボーダーは緑色 */
     }
        

NEXT>> 5.6 セレクタの種類

HTMLとCSSの入門 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

HTMLとCSSの入門 目次

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

セミナー講師

セミナー講師

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

ワードプレスセミナーも人気!

ワードプレスセミナーも人気!

より手軽にホームページ制作をしてみたい方にはワードプレスセミナーもおすすめです。
ワードプレスセミナーはこちら

1日集中HTML・CSSセミナーは、プログラミング教育で8年間の実績のある神田ITスクールが運営しています。
初心者、未経験者へわかりやすく教えるのには自信がありますので、ぜひご参加ください。
神田ITスクールのサイトはこちら

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守
PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.