東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌で開催する初心者向けのHTML・CSSを使ったホームページ制作の1日集中講座(セミナー)です。 HTML・CSSの入門講座なら、神田ITスクール!

演習1.2 ページ作成のスタート

ページ作成のスタート

演習1.2 ページ作成のスタート

☑HTMLファイルを作成
☑タイトルをつける <title>タイトル</title> 

ここからは、実際にWebページを作成しながら、これまで学んだことの復習と応用をしていきます。

まずは、下の図のような、トップページの作成から始めます。

図 1.2.1

1. HTMLファイルを作成してタグを記述

では、新しくメモ帳を開いて、先ほど作成した[ch06]フォルダに[index.html]という名前で保存してください。文字コードは、これまでと同様に、UTF-8としましょう。

【注意点】

これからの作業では、htmlファイルの名前は変えず、同じhtmlファイルに少しずつ要素を加えながら、完成に近づけていきます。
上書き保存をしながら進めてください。

[index.html]を保存したら、以下の内容をメモ帳に記述してください。

①ソース・フォルダー :html/ch06
②ファイル名     :index.html

➢ index.html

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>子猫と子犬の部屋</title>
</head>
<body>
</body>
</html>
        

2. HTMLファイルを保存

上の記述が終わったら、上書き保存をしてください。

3. ブラウザで表示

上書き保存をしたら、ブラウザでの表示を確認します。[ch06]フォルダの中の[index.html]をダブルクリックしてください。

図 1.2.2

表示された画面のタイトルバーに、タイトル(子猫と子犬の部屋)が入っていることを確認しましょう。

次節からは、Webページの中身を作成していきます。

◉トップページにつけるファイル名

トップページのファイル名は、本節でそうしたように、[index.html]とします。index.htmlという名前には特別な意味があり、これは、多くのプロバイダーが[index.html]もしくは[index.htm]をトップページに指定しているための、決まりごとのようなものです。

[index.html]というファイルが存在しないと、表示されないなどの不具合が発生する場合がありますので、トップページのファイル名はindex.htmlとしておきましょう。

NEXT>> 演習1.3 文章を入力して改行する

HTMLとCSSの入門 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

HTMLとCSSの入門 目次

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

セミナー講師

セミナー講師

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

ワードプレスセミナーも人気!

ワードプレスセミナーも人気!

より手軽にホームページ制作をしてみたい方にはワードプレスセミナーもおすすめです。
ワードプレスセミナーはこちら

1日集中HTML・CSSセミナーは、プログラミング教育で8年間の実績のある神田ITスクールが運営しています。
初心者、未経験者へわかりやすく教えるのには自信がありますので、ぜひご参加ください。
神田ITスクールのサイトはこちら

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守
PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.