東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌で開催する初心者向けのHTML・CSSを使ったホームページ制作の1日集中講座(セミナー)です。 HTML・CSSの入門講座なら、神田ITスクール!

9.1 HTML5とは

HTML5とは

9.1 HTML5とは

最初のHTML1.0が開発されたのが1993年、それからバージョンアップを重ね、1999年12月にバージョンアップされたHTML4.01が昨今までホームページを作る言語としてWEBを支えてきました。

そして、2014年10月28日にHTML5が勧告され、HTML5は今多くの注目を集めています。まずHTML5を使って出来ることと、従来のHTML4との違いを見ていきましょう

1. どんなデバイスでも再生出来る動画や音声データを埋め込める

これまでのHTMLでは、動画を扱うには「Flash」を使っていました。しかしHTML5では、動画や音声データをHTMLから扱えるようになります。
新しく追加される<video>や<audio>を使用し、動画や音声をシンプルに扱えるようになります。

2. アプリケーションが構築しやすい

HTML5では、高度な機能を実現するための様々なAPIが新たに追加されています。APIとは、Application Programming Interfaceの頭文字を取ったもので、 アプリケーションをプログラミングする際の決まりごとです。つまり、何らかの機能を実現する際に指定する命令や関数の記述ルールを定めたものです。新しく加わった主な機能として以下のものが挙げられます。

  • ドラッグ&ドロップ機能
  • ファイル操作
  • 履歴操作

それぞれのAPIで定められた命令や関数を指定すれば、 簡潔な記述でこれらの機能を実現することが出来ます。HTML5ではこれらのAPIを利用することで、
単にHTML文書を作成するだけではなく、 より高度な機能を持ったWEBアプリケーションをWEB標準として構築することが可能になります。

3.より明確に文書構造を示すことが出来る

今まではHTMLでWEBページを構築すると、<div>タグで文章が埋め尽くされてしまいました。
HTML5では、文書構造を表す新しい要素が加わることで、ブラウザや検索エンジンに対してより明確に文書構造を伝えられるようになります。代表的なタグを以下に示します。

article … 記事の部分

aside … 関連リンクなど

figure … 画像や映像などを範囲設定をする

footer … 文書のフッター部分で、作者情報や著作権などを書くことが可能

header … 文書のヘッダー部分

hgroup … 見出しタグをグルーピングする場合に使用する

nav … ナビゲーション

section … 文書のそれぞれの要素を囲む

これらを利用することで、それぞれの役割に応じて適切な要素に割り当てることが出来るようになります。

NEXT>> 9.2 CSS3とは

HTMLとCSSの入門 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

HTMLとCSSの入門 目次

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

セミナー講師

セミナー講師

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

ワードプレスセミナーも人気!

ワードプレスセミナーも人気!

より手軽にホームページ制作をしてみたい方にはワードプレスセミナーもおすすめです。
ワードプレスセミナーはこちら

1日集中HTML・CSSセミナーは、プログラミング教育で8年間の実績のある神田ITスクールが運営しています。
初心者、未経験者へわかりやすく教えるのには自信がありますので、ぜひご参加ください。
神田ITスクールのサイトはこちら

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守
PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.